老人ホームの基礎知識

有料老人ホームとは

有料老人ホームとは、老人福祉法において「老人を入居させ、入浴、排せつ若しくは食事の介護、食事の提供又はその他の日常生活上必要な便宜の供与をする事業を行う施設であつて、老人福祉施設、認知症対応型老人共同生活援助事業を行う住居等でないものをいう」とされております。有料老人ホームも幾つかの種類に分類されますが、「介護サービスの提供方法」の違いや入居・退去要件の違いによるものです。

名称 事業
主体
料金 入居資格 介護保険
有料老人ホーム 民間 一時入居金

月額利用料
主に60歳以上 居宅サービスまたは、特定施設入所者生活介護
グループホーム 公・民間 要介護度1~5の認定を受けた認知症高齢者 認知症対応型共同生活介護
高齢者向け
マンション
民間 特になし 居宅サービス
ケアハウス 公・民間 自立している60歳以上の方 居宅サービス
特別養護老人ホーム
(通称:特養)
月額利用料 65歳以上で要介護認定の方 施設サービス
(介護老人福祉施設)
療養型病床群   長期療養が必要であると認められる要介護者 施設サービス
(介護療養型医療施設)
介護老人保健施設
(通称:老健)
  看護、医学的管理下における介護及び機能訓練などが必要な人 施設サービス
(介護老人保健施設)

有料老人ホームの入居費用はどれくらい必要なの?

有料老人ホームで暮らすためには、具体的にいくらかかるのでしょう?入居時や入居後、介護が必要になったら、また退去するときなど、ここでは具体的な例を挙げながら必要な費用、また資産の算出例を説明します。

1.入居一時金はいくらぐらい?

入居一時金とは入居時に支払う、ホームに対する終身利用権と介護などのサービスを受ける権利の取得費用です。入居費用はホームや居室ごとに異なりますが、数百万から数千万まで、非常に幅広いのが現状です。入居一時金は一定期間の家賃の前払い金なので住めば住むほど償却されていずれ無くなります。入居金で注意をしたいのは、手に入れられる権利と、償却期間とその割合です。償却期間内に退去、解約となった場合、残りの未償却分が返還されますが、この計算方法はホームにより異なります。またホームによっては、介護専用居室に移る場合など追加費用が必要になる場合があります。

2.入居してからの月々の費用は?

毎月かかる費用の中には、家賃、管理費、光熱費などが含まれます。ただしホームによっては、光熱費が含まれなかったり、逆に食費が含まれるなどその内訳は異なります。また介護が必要になった場合、別途介護サービスの費用が必要になるので注意しましょう。

  費用 内容
管理費 6万~14万円 共用施設の維持費、介護以外の事務などの職員の人件費等、ホームの維持運営のための費用。
食費 5万~6万円 食事サービスを利用した場合に支払う費用。 利用しなかった回数分は、月末に清算の上、返金してもらえるホームが多い。
水道光熱費
電話料金
1万~1.5万円 居室での水道光熱費や電話料金の費用。
その他 3万円~ 交際費、医療費、介護費など、本人の希望による費用。

3.もし途中で退去した場合、入居一時金はいくらか戻ってくるの?

1.で説明したように入居一時金は、一定期間の家賃の前払金とホームの終身利用権ですので、住めば住むほど償却されて無くなります。ただし、償却期間中に退去することになってしまった場合は、未払い分の家賃が戻ってきます。これが返還金です。返還金の計算式は各ホームによって異なりますので、算出例を挙げておきます。

初期償却とは入居一時金の中から入居時に一括して払われるもので、終身利用権に対する費用となります。ホームによっては、入園金としているホームもあります。